<< 成長のスピード | main |

スポンサーサイト

2016.08.29 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

大きな目標を常に頭に置くことの大切さ

2016.08.29 Monday | by h-coach

こんばんは.

実はコーチになってから初めてブログ書きます.

 

とても簡単なことを言います.

 

 

言いたいことはBチームとしての目標である「試合で勝つ」を達成できる恐らく今年最後の機会が3週間後には終わっているということです.

 

君たちは週五で練習して筋トレやビデオ,セルフケアや自主練,食事とラクロス漬けの毎日を送っていると思います.

なぜこれらをおこなっているかをもう一度考えてください.これらは最も高い確率で「勝ち」に結びつくと思われることであり,勝つためには非常に大切なことだからです.

だから極論を言えばもし統計的に一週間休んだ後に最も力を発揮できるチームがあるならそのチームは試合前一週間オフにするべきだということです.

なので当然ですが「試合で勝つためにこれらの行為をしている」ということを意識してやるべきだと思います.

(Aチームの人なら試合で勝つ=三地区一位に勝つ)

当たり前ですが日々の行為においてどれだけこの気持ちをもってできるかで目標を達成できる確率は大きく変わると思います.

 

当たり前のことで僕の意図していることが非常に伝わりづらいですが本当に大事なことなので練習することを当たり前と思って消化しないでこの数週間やりきってください.

 

 

 

話は変わりますがオフェンスも同じことが大切だと思っています.

オフェンスといえば誰かが1on1をかけてDFを寄せてパスを出してシュート撃って・・・

というようになんとなくイメージできます.

 

が,それをなんとなくやるのではなくオフェンスの目的を常に頭のどこかに持ってプレーすることが重要だと僕は考えます.

僕は,オフェンスの目標はいかに得点する可能性の高いシュートを撃つか,だと思っています.

これを達成するための選択肢の一つが1on1であったりパスであるはずです.

オフェンスとしてこう動こう,とか決めプレーをするのも全部この目標を達成するための一つの手段です.

またまた極論になりますがパスがくそほど上手かったりシュートレンジがくそほど広ければ1on1なんていらないです.

 

オフェンスとして常に複数の選択肢があることを頭の中に入れた状態でプレーすることがDFに読まれにくいプレーや余裕のあるプレーに繋がるし,それが勝利に結びつくと僕は考えています.

どれだけ素晴らしい1on1をして難しいシュートを決めようが,DFがよそ見しているすきにパスをはたいても同じ一点です.

もちろんAチームに上がったりさらに上のレベルになればなるほどDFも上手くなるしそのフィールドで勝つためには素晴らしい1on1や素晴らしいシュートが必要になってきます.

しかしBチームとして目の前の試合に勝つためにそのような考え方も大切です.

もっと狡猾にやりましょう.

 

自分が現役の時には余裕がなくてただ目の前の相手を抜いていかに素晴らしいシュートを撃つか?を考えがちでオフェンスの大きな目標を忘れがちでした.

現役を引退し,教える立場になって気づいた大切なことです.

 

 

最後にメンバー外の人たち.

チームの勝ちにプレーで直接貢献できなくても,それに繋がる練習ではプレーや声で存在価値出せます.

自分は遠征に行けなかったけど自分が練習の質を上げた,雰囲気を良くしたからチームは遠征で勝てたんだ,と胸を張って言えるぐらい努力してください.

 

この数週間鬼迫もってやりきりましょう.


スポンサーサイト

2016.08.29 Monday | by スポンサードリンク

Comment
改行できるようになったんだね
結局目標はなんなのかだね
  • 亀田
  • 2016/08/29 10:24 PM
当たり前だけれど、「今自分はこれができるから、こんなプレーをすしたい」ではなく「こんなプレーをしたいからこういう練習をする」といったトップダウンな考え方が一番成長すると思ってる。

ナイス改行。
  • 村山
  • 2016/08/30 7:24 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Sponsored links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM