<< 最強の下剋上ツール 『壁打ち』 | main | 誰かみてるかな? >>

スポンサーサイト

2016.08.29 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

冬に向けて

2014.10.14 Tuesday | by h-coach
 


どうも、ほんまんです。

書こう書こうと思ってやっと書きます。1年生も年内に各自1回はブログ書こうね。(記事消えるのどうにかして!)


さて、北大が負けてシーズンが終わってしまいました。


4年生はその場で引退という残念な結果となってしまいましたが、試合のプレーから、引退が決まった直後のお話から、後輩たちは4年生から大事な何かを受け取り北大ラクロス部の一員として再スタートの準備を決意してくれたことだと思います。

来年に向けて自分は何ができるのか、何を準備するのか、チームの一員としてどのように貢献できるか、各自出来る事を考えて実行していかなくてはなりません。

雪が降り積もるまであと約1ヶ月。来期まで約半年。次に向けて何をすればよいか。

手探りながらもある程度の方向性を決めておくだけでもしておきましょう。


冬を知らない1年生向けなので、冬はこうなるから、今のうちにどうこうした方がいいよって感じで書いていきますね。


冬で出来る事、出来ない事


冬になると今までとは状況が変わり、ラクロスの練習環境が変わります。


・練習場所は体育館

・練習時間帯は5限の時間or放課後

・練習時間は短かい時は1時間半。通常2〜3時間。

・練習回数は抽選次第なのでまちまち。週2〜6とか?


と、朝練とはまた違う日々が続きます。

練習内容の特徴を述べると・・・


 ・何よりせまい

 ・せまいので、人数少なめのメニューしか出来ず、メニューがルーティーンになりがち。

 ・メニューに対しての人数比が多くなるので、1メニューに1回しか入れない事も。

 ・グラボメニューが無い。

 ・自分を見てくれるコーチがいない。

 ・フィジ練


簡単にぱっと思いつくのはこんな感じです。


この箇条書きから分かると思いますが、全員が満足のいく練習はできません。

なかなかメニューに混ざれなかったり、全然ラクロスが上手くいかなかったり色々あります。

なので、まだ冬練が始まってない今だからこそ出来る事、今しか出来ない事を各自考えて1ヶ月間準備しましょう

特に1年生はあとちょっとで修業期間はおわり、上級生の仲間入りを果たし、北大ラクロス部員として上手いやつは認められ上にどんどん引っ張られていきます。


今のうちに何をすべきなのかっていう優先順位をしっかり考えて残り1ヶ月を過ごしてください。

(ブログで言いたい事はこれ)


具体的にどうすればよいかって言うのは人によって違います。

ただ準備しておくと良いのは「冬にはできない事を今のうちに意識的にできるようにしておく」こと。

特に多くの人にオススメなのはシュートとスクープの練習でしょうか。

理由は単純に冬ではその練習が全体練自主練含めてほとんど出来ないから。

実際にシュートのフォーム、クレードル、打ち方だったり、スクープの精度、すくい方のバリエーションの研究はほとんどできません。(全く出来ない訳ではない)

だから今のうちに出来ない事を意識して出来るようにしておくと、冬練で無意識化するっていう役割分担が出来るのでおすすめです。


自分自身のコーチング


次に特に1年生に冬練前にできるようになっておいて欲しいのが、「自分をコーチングする」こと。

これが出来るか出来ないかで冬練明けで大きな差になるからです。


僕ら二人は後1ヶ月でコーチ期間が終わり、そうなると自分を見てくれるコーチがいなくなります。

今まで貰えていたフィードバックが無くなり、自分で自分を成長させていかなくてはなりません。野に放たれ自立を求められます。

そこで自分は何がダメなのか、何が理想と違うのか、ここをどう修正すれば良いのか、を自分自身で考えていかなくてはならなくなります。

冬練の約5ヶ月間、自分で自分をコーチングしていった人と、何も考えず練習しているふりを続けた人とを比べると、実力に差が出る事は想像に難くないですよね?


だから今のうちから失敗した際には修正案を頭の中で描くクセを付けましょう。

最近練習前にチラッと目的意識を持って練習しましょう的な事を何度か言っているはずです。

今すぐ出来る事ならすぐ実践。練習が必要なら自主練で今のうちに意識的にできるようにする。


以前の記事で1年生は冬練スタートがタイムリミットって事を書いたけど、その意味をもう一度噛み締めて残り1ヶ月共に一生懸命練習して、まずは関東遠征で全勝しましょう。



P.S. ちなみに雪降った後自主練どうなるか


 ・サカグラ一面真っ白。足場は雪で不安定。

 ・動きながらの壁うちをしたければ、雪をある程度踏み固めなければならない。

 ・ミスして雪の上にボールが落ちたら、ズボッと埋まって救出困難。(ボールを無くしやすい)

 ・シュートは打てるけどゴールが雪に埋まってて高さが無かったりする。

 ・スクープ、グラボはほぼ無理。

 ・防具着て1on1とかも無理。出来るのは壁打ち、パス、シュートくらい。


 

スポンサーサイト

2016.08.29 Monday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Sponsored links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM