<< 雰囲気作り | main | 決定力 >>

スポンサーサイト

2016.08.29 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

雰囲気作りその2

2010.06.28 Monday | by h-coach
きのうB級指導者認定講習会に参加してきました。

最近の真夏日はとどまるところをしらず、
大変蒸し暑い学院の会議室とグラウンド。
午前は座学で午後は実地試験。

座学ではバルサ対レアルマドリードの試合を見せられて、
これについてプレゼンしろ、というものをやった。

なかなか伝わってるかよくわからないんだけど、
ラクロスとサッカーとの共通点とかって内容でプレゼンをしてみた。

個人的にはサッカーを見る新しい視点が生まれて
ごっちゃんな気分でした。


-------------------------------------------------------------------------------

まあそんなことはどうでもいいんだわ笑

最近の練習で褒める、褒めようとか言ってるんだけど、
そのヒントが座学中に出たのでフィードバックしようと思います。

その座学では、褒めすぎてプレーヤーが慣れているからどうしよう、とか
褒め方がよくわからない、とか
ってことで雑談が始まった。


その中で出た意見のひとつ、

「具体的なところを褒める」

っていうことに注目してみたい。


例えば、自分でいいプレーをしたとしても
周りが無関心だったら、もしくは気づかなかったら、
その人はそのプレーを自己完結で終わらせてしまうだろう。

褒められるってのはモチベーションがあがる行為であり、
その後のプレーの原動力になりうるとってもサンキューな行為である。

そこで周りから褒められたらどういう気持ちになるだろう。
きっと「おお、そんないいプレーならもういっちょやったるか!」
って気になるだろう。

その人がいいプレー(成功体験)を忘れるなんて、もったいない。
結果的にチームに返ってくるんだから。


ここで注意したいのが、

「具体的なところを褒める」

今のお前のこういうところがよかったんだよ!
とか
あの首振りがあったからすぐパスが出せたんだよ!
とか。。

これが周りの人が気づきにくいところを指摘するほど、
実はうれしいんじゃないかな。

具体的に褒めないと、
そのうち「なんで褒められてるんだろ?」とか「うそくせー」とか
って思うようになって、あまり反応しなくなってしまう。

だから、周りに関心を持って、
「あの人のさっきのプレーがいいのは、あの仕込みがあってこそなんだ」
とか思えたら、
新たな褒めるレベルにいくんじゃないかなって思います。

結構コーチに関係がある内容だと思うけど、
プレーヤー同士でやればチームメイトへの見方も少しは変わるんじゃないかなって思います。



スポンサーサイト

2016.08.29 Monday | by スポンサードリンク

Comment
大事ですね。
みんなが周囲に関心を持って、レスポンスしていければ、チームは強くなると思います。

早速明日から実践します!!
  • TKK
  • 2010/06/28 9:35 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Sponsored links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM